医療法人 慈恵会 | 慈恵曽根病院

外科 / 消化器外科 / 内科 / 整形外科 / 肛門外科 /内視鏡外科
リウマチ科 / 放射線科 / リハビリテーション科
  • 093-471-2881

内視鏡

はじめに

  内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)=「苦痛・恐怖・不安」など悪いイメージを持ち検査を敬遠されていませんか?
 現在日本では、死亡原因のひとつに悪性新生物いわゆる「がん」があります。その中でも胃がん・大腸がんは、毎年上位にランクされています。
 内視鏡検査は、胃がんや大腸がんなどの病変を早期に見つけ出し、治療や手術が可能な優れた検査です。しかし、検査を敬遠した結果、進行してしまったという症例もあります。
 当院では、検査中の苦痛を軽減するため、ご希望により鎮静剤を使用して、安全にかつ楽に受けることができます。

胃カメラが苦手な方へ

何故、胃カメラが苦しいのでしょうか?

何故、胃カメラが苦しいのでしょうか?

食道や胃・十二指腸の検査のために内視鏡検査(いわゆる胃カメラ)を受けて、苦しかったという経験のある方は、少なくないでしょう。
検査用のスコープが、敏感な咽頭を通過する時、ここを刺激して苦しくなるのです。
咽頭麻酔をして感覚を無くしてから検査を行いますが、全身麻酔のように完全に麻痺するわけではありませんので、敏感な方はどうしても不快感を感じます。

スパゲッティ並みの超細径スコープ

スパゲッティ並みの超細径スコープ

スパッゲティ並みの超細径スコープです。
最近、もっと細いスコープが開発されました。このスコープの太さは、なんと開発されていますので、以前に比べずいぶん楽に検査を受けることができます。
かつて胃カメラは、小指くらいの大きさでしたが、タバコよりも細いスコープも細いスコープは咽頭の刺激が少ないので、最近は細径スコープを使用します。
胃カメラを敬遠した方でも超細径スコープであれば楽に検査ができます。

それでも検査が不安な方へ
ご存知ですか?鼻から行う胃カメラ

それでも検査が不安な方へ、ご存知ですか?鼻から行う胃カメラ

皆さんは、胃カメラは口から行う検査と思っているでしょう。
ところが超細径スコープは、鼻から入れることもできるのです。
鼻からスコープを入れる時、咽頭をかすめる程度で苦痛はありません。
また、咽頭麻酔も必要ありません。

それでも検査が不安な方へ、ご存知ですか?鼻から行う胃カメラ

慈恵曽根病院でもこの超細径スコープを導入しています。
胃カメラ検査についてのお問合せは、総合窓口まで。

検査日と担当医師

  
胃カメラ 尾坂 和田 尾坂   尾坂    
大腸カメラ 尾坂         尾坂      
  胃カメラ 大腸カメラ
尾坂 尾坂
和田  
尾坂  
   
尾坂 尾坂
   
   

※検査は午前中のみとなります(要予約)

当院の検査内容①

上部消化管内視鏡検査

  • 口からの胃カメラ検査
  • 鼻からの胃カメラ検査
  • 胃カメラを使用して胃ろう造設術
  • 胃カメラを使用して胃ろう交換
  • 止血術・ポリープ切除術 等

※ 上記以外でも気になることがありましたらお問い合わせください。

検査の選択方法の目安としてお使いください。

口からの胃カメラ
  • 健康診断などで異常を指摘された
  • 痛み、不調など症状がある
鼻からの胃カメラ
  • 以前胃カメラをされてのどの反射が強かった
  • 口からの胃カメラに不安があり現在目立った症状がない

胃カメラをうけるにあたっての注意事項

  • 前日の夜9時までに食事はすませてください。その後検査までは、食べたり、飲んだりしないでください。
    起床後コップ1杯までの お水かお茶は飲んでいただいても構いません。
  • 現在のお薬に、血圧を下げるお薬、血液をサラサラにするお薬等がある場合は、医師または看護師へお申し出ください。
  • 鎮静剤を希望される方は、検査前に医師または看護師へお申し出ください。
    なお、鎮静剤使用した場合は、検査終了後1時間以上病院内で待期していただきます。ご了承ください。

当院の検査内容②

下部消化管内視鏡検査

  • ショートコース(大腸の一部を手軽に検査する)
  • トータルコース (大腸を隅々まで検査する)
  • ポリープ切除術・止血術 等

下部内視鏡検査に抵抗のある方にも気軽に検査をうけていただくため、大腸ショートコースをもうけています。

ショートコースって?

大腸カメラって…『痛くて恐い』という患者さま方におすすめです。
お手軽に大腸(S状結腸まで)の検査がうけられます。
S状結腸は大腸がんができやすい部位といわれています。
まずは、気軽に検査をうけてみませんか?

トータルコースって?

大腸はとても長い臓器です。盲腸末端部分までを検査します。
普段便秘気味・最近便が細くなった・便の後ティッシュに血がつくなどの症状のある方は、数年(1~2年)に一度は検査を受けられることをおすすめします。
隅々まで検査するために、前日・当日下剤を服用していただきます。
普段できない大腸の大掃除ができ、検査後はスッキリした気分でご帰宅いただけます。

大腸検査の準備について

ショートコース

特に準備はありません。当日朝食事を食べずに来院していただけるとスムーズに検査ができます。
来院後に浣腸して、大腸カメラをおこないます。
検査予約のみしていただければ、あとは当日来院するのみです。

トータルコース

前日から準備をしていただきます。

準 備 検査前日 検査当日
食 事
水 分
昼食より検査食になります。
飲水制限はありません。
朝より何も食べれません。
飲水は粒入りのジュースや乳製品は飲めません。
お 薬 検査医師の指示に従ってください。
その他 夜9時ごろに下剤のお薬を飲んでいただきます。 朝9時に来院していただきます。
吐き気止めのお薬を飲みます。
朝から1L~2Lの下剤のお薬を飲みます。

以前同様の検査をされた方については、ご自宅で準備されることも可能です。
必ず予約が必要ですので検査希望日より3日前までに連絡してください。
予約が多数の場合、日時を変更していただく場合がありますので、ご了承ください。

PAGE TOP