医療法人 慈恵会 | 慈恵曽根病院

外科 / 消化器外科 / 内科 / 小児科 / 整形外科 / 肛門外科 /内視鏡外科
リウマチ科 / 放射線科 / リハビリテーション科
  • 093-471-2881

部門のご案内

看護部

理 念

地域の皆様と心が通い「安心」「信頼」「満足」される看護を目指します。

基本方針

  • 安全で安楽を考慮した「看護」「看護技術」を提供します。
  • 患者様の権利や生命の尊厳を守ります。
  • 誠実な「看護」「介護」を提供します。
  • チームの協調、和を大切にした職場作りを実践します。

◇ 看護部一同、地域の方々にとって気軽に相談できる「親しみやすい地域の病院」を目標としております。

地域医療連携室

◇ 地域の医療機関や保健・福祉サービス機関との連携の窓口として患者様に継続的な医療・看護・介護サービスが提供できるように連携を努めさせていただきます。

◇ 入院や外来受診、退院後の生活、介護保険・福祉のサービスについてのご相談をお受けいたします。

【主な業務内容】

  • 紹介患者様の受診及び入院の予約受付
  • 他医療機関への診療予約
  • 他医療機関への転医に関する相談、紹介
  • 退院支援:介護保険に関する相談、施設等の紹介

受付時間

月~金曜日 8:30~17:00

連絡先

  • TEL:093-471-2881
  • FAX:093-473-2921・093-473-9388

薬剤科

  • 医師の処方箋をもとに、内服薬・外用薬・注射薬の調剤を行っています。
  • 入院中の患者様のお薬は、飲み間違いや錠剤の紛失がないように複数種類の錠剤を1袋にして提供しています。
  • 入院の際にお持ち頂いたお薬(持参薬)を一度お預かりします。
    薬効・相互作用・併用禁忌等をチェックし、内容を主治医へ提供します。
    当院で服用しないお薬は、退院時に返却致します。

放射線科

◇ 当院ではフィルムレスを行っており、フィルム作成や搬送の時間を省き、検査から診断までの効率を上げることにより少しでも患者様の待ち時間を削減できるようにしています。

一般撮影 X線を使って胸部・腹部・骨格系など、体のほとんどの部分の撮影を行う事が可能です。
X線テレビ 造影剤を使って食道・胃・小腸・大腸などを検査しています。
マルチスライス16列CT
(全身用コンピューター断層撮影)
高精細な画像での高い画像診断が行え、広範囲を一度に撮影できるため、検査時間短縮されました。
骨密度測定 カルシウムなどのミネラルが骨にどれくらい詰まっているかを示す検査です。骨粗鬆症の診断に必要です。腰椎部・大腿骨部の骨密度を、一度の検査で測定することができます。測定は約5分以内で、痛みもありません。 お気軽にスタッフにお申し出下さい。

検査科

  • 臨床検査は、病気の診断・重症度判定・治療の選択・経過観察・病気の早期発見や予防のために 、重要な検査です。
  • 検査内容は、下記の2項目に大きくわけられます。
    • 生理検査(心電図・聴力・肺機能 等)
    • 検体検査(尿・血液・喀痰・便 など採取されたもの)

リハビリテーション科

1)紹介
当科は理学療法士8名、作業療法士3名、リハビリテーション助手2名、鍼灸師1名で構成されており、それぞれの担当セラピストが一人一人の状態に合わせた個別訓練を行い、在宅生活復帰、社会生活復帰を目指したリハビリテーションを行なっています。又、ご家族やご本人への動作指導や必要に応じて家屋調査、在宅に向けての調整会議などを実施し、より安心・安全な生活が提供できるように努めています。
2)適応疾患
骨関節疾患、脳血管疾患、神経疾患、糖尿病などの生活習慣病、呼吸器・癌治療後の廃用症候群など
3)チーム医療
患者様の現状、今後の方針について、医師・看護師・ソーシャルワーカー・担当セラピストでカンファレンスを実施し、患者様の現状を情報共有し、より質の高い医療提供を心掛けています。
4)取り組み
スタッフによる勉強会、症例検討及び文献抄読会などを実施し、スタッフの能力向上及び患者様へのより良い医療提供が行えるよう努めています。
また系列病院とのミーティングを実施し、スムーズでより良いリハビリテーション提供の為の情報提供や症例検討会を実施しています。

理学療法士(physical therapist:PT)とは

病気や怪我などによる痛みや身体の動きに障がいがある人に対して、セラピストによる徒手療法や電気や温熱を使用した物理療法を行い、その人の生活に必要な身体の機能回復を図ります。

当院PTの特色

当院では患者様一人一人の状態を詳細に評価し、担当セラピストによる各患者様に応じた運動療法を実施しています。また入院早期より運動療法を開始し、円滑な身体機能の向上に努めています。

  • 徒手療法

    徒手療法

    関節運動やストレッチ、筋力訓練等丁寧に実施しています。

  • 歩行訓練

    歩行訓練

    患者様の状態に合わせた適切な歩行手段で訓練を実施しています。

  • 鍼灸

    鍼灸

    鍼治療による血流促進等リラクゼーション効果、鍼灸師のマッサージによる全身調整を実施しています。

  • 集団体操

    集団体操

    毎週水曜日にセラピストの指導の下で足の運動を行い転倒予防に努めています。

※その他ホットパック、渦流浴、低周波、マイクロウェーブ、超音波、牽引などがあります。

作業療法士(occupational therapist:OT)とは

病気や怪我により生活に支援が必要となった人に対して、援助を行なうことです。食事やトイレなどの日常的なことから家事や職場復帰、趣味活動など、その人に合わせた作業を通して、リハビリテーションを行ないます。

当院OTの特色

当院では患者様の声を聞きながら、その人その人に合った訓練を行なっています。その為、できるだけその人の身体状態や自宅の環境に合わせて、実際場面でも困難なく行なえるよう訓練しています。また必要であれば、自助具の作成や紹介も行っています。

  • 【食事】
    手が曲がらない人や思うように動かしにくい人など

    【食事】手が曲がらない人や思うように動かしにくい人など

    食べ物を取る訓練だけでなく、手の動きや力に合わせて使用しやすい箸等の提案、訓練もします

  • 【更衣】
    股関節が曲がらない人や曲げてはいけない人など

    【更衣】股関節が曲がらない人や曲げてはいけない人など

    着替えの訓練だけでなく、マジックハンドを使用しての物取り動作やソックスエイドを使用しての靴下を履く訓練もします。

  • 【入浴】
    ①立ち上がりが行ないにくい人

    【入浴】①立ち上がりが行ないにくい人

    浴槽の手すりを持って立ち上がる訓練をします。またぎ動作の訓練も浴槽の高さに合わせて行います。

  • 【入浴】
    ②足先が洗えない人(股関節が曲がらない、曲げられない)など

    【入浴】②足先が洗えない人(股関節が曲がらない、曲げられない)など

    立ち上がりがしやすい様にシャワーチェアーの使用、足先が洗えない方に長柄のブラシの使用の提案も行います。

※洗濯、調理等の家事動作も必要な人には行なっています。また職業訓練も行っています。

栄養科

  • 栄養科では、ひとりひとりの患者様への思いやりの心を大切に、最適な栄養管理・栄養指導を行い、安全で楽しみとなるおいしい食事を提供しています。
  • 当院では毎週1回昼食に味ご飯・パン食・麺類の曜日を設けています。
    また、1月に1回季節を感じて頂ける行事食に手作りカードを添えて提供しています。

行事食の写真一覧

診療録管理室

  • 診療録管理室は平成26年5月に新設しました。
    診療情報管理士を配置し、主に入院に関する診療記録(=カルテ)の整理・保管、精査及びデータの収集をしている部署です。
  • 診療に関する患者様の記録や情報に、誤りや欠落が無いよう細心の注意を 払い、統計資料等の作成や情報の質の向上を目指し業務を行っています。
  • 平成26年10月からは地域包括ケア病床の導入に伴い、官庁へデータの提出も行っています。

医事課

  • 病院に来院された際、まずはじめに対応させていただくのが『医事課』です。
    (20代からベテランスタッフまで、個性豊かなスタッフが揃っています。)
  • 主な業務は外来患者様の初診・再来受付、入退院患者様の手続き対応、医療費の計算、会計業務、診断書等の証明書発行や、健診等の受付を行なっています。その他、毎月の診療報酬請求等があります。
  • 常に変化する医療制度に適応する為、月に1度、勉強会や検討会を実施し、知識の向上や患者様への応対の改善に努めています。
  • 医療費の相談はもちろん、その他ご不明な点やご要望等ございましたらいつでもお気軽にお尋ねください。
PAGE TOP